So-net無料ブログ作成
検索選択
思い出ボロボロ ブログトップ
前の10件 | -

咲きました♪ [思い出ボロボロ]

サボテン.gif
子供の頃、サボテンも枯れると言う事を身をもって知った あんぱんちです。
まさかあんな過酷なところに生えてる植物が、湿度満点の日本の室内で
カラカラ〜に干涸びてるなんて もうビックリ!!

そんな私が最近緑を育ててます。
良く行くスーパーで1鉢150円で売ってた多肉植物。
・・・・・・・・・・いつまで保つかしら(汗)
などと毎日ハラハラして見てましたが
先日ついに
都踊り.JPG
花が咲いたよ〜〜〜〜〜〜〜!!
頑張った、頑張ったよアンタ!!
「都踊り」ちゃん、いつまでも元気でいておくれ〜

まだ花は咲いてないけど他の仲間達
銘月.JPG
銘月
ウサギのかくれんぼ.JPG
ウサギのかくれんぼ(寄せ植え)

おまけ
オジギソウ.JPG
息子のおじぎそう
これが1番枯らしそうで怖い(汗)

赤い色は女の子の色 [思い出ボロボロ]

小さい頃どうしても納得のいかなかった事。
女の子=赤かピンク つー親(大人)の決めつけ(-_-;
女の子がみんな好きだと思ったら大間違い、私は水色や黄色が好きでした。
その親が私と弟に買ってくれた枕。

なんか色々納得いかない。

納得いかなくて、弟の枕ぶんどって親によく怒られました。
「あんたには赤の可愛い枕があるでしょ!!」

全然可愛くねぇー!!


名古屋嫁入り物語 [思い出ボロボロ]

今、名古屋って言えば「名古屋飯」だったり「名古屋嬢」あたりが
浮かぶのかもしれないけど、
私が子供の頃は「名古屋」って言ったら「名古屋嫁入り(取り?)物語」。
植木等が演じるお父さんが、娘の結婚でぶつかる両家の文化の違いに
「この、どたわけが!!」とキレまくるお話。(え?間違ってるか?)
まぁ笑い有り、涙有り、で最後は大円満に終るんですけどね。

私の実家はお隣の三重県で、名古屋の影響を割と受けてると思われる地域なんですが・・・
このドラマちょっとした恐怖ドラマでした(本当はコメディーなのに(爆)
シリーズ6作だか7作あるんですが、見れば見るほどに
「名古屋って恐ろしい所だな」と思わずにはいられない(汗)

ドラマ見た後、こういう会話が父と娘で交わされる程強烈でした。

その私が名古屋に嫁いでるんだから不思議(笑)

旦那に言わすと「あんな事、本当にあるわけねーよ」だそうですが
私に言わせれば「半分は嘘だが、もう半分は・・・」(察してください)


犬のふん [思い出ボロボロ]

一昨年ぐらい前の話。
いつも通ってる公園は人も多く、とても綺麗な公園です。
でも冬の寒い時期はさすがに人が少なくなります。
そうするとね・・・・急に犬のフンが増えるんですよ(汗)
流石に目立つ所には無いんですが、公園脇の木の植え込みにチラホラと。
そしてそれを子供が宝物として拾ったりする(泣)
この時期の公園ママの悩みでした。

そんなある日、目撃してしまったのです。
その日は公園で犬の予防接種がありました。
たまたま公園に来ててその様子をぼ〜っと見てたんですがね・・・

割と大きな犬がウ○チをしたんです

滑り台の降り口に(汗)
そして飼い主はそのまま帰って行きました。
放置して。

NO~!!!
片付けて行ってくださいよ!
子供が踏むでしょ(泣)

見るに見かねた保健所の人(獣医さんか?)がね
片付けてくれました。

ころり転がる木の根っこ〜♪(泣泣)

NO~!!
子供が拾うよ(大泣)

まあ、悪いのは飼い主で保健所の人じゃないんですがね。

なんで突然こんな話かっていうと、最近保育園の通学路にと〜っても
立派なのがしてあるからなんですよ(泣)
勘弁してください。


保育園派?幼稚園派?それとも・・・ [思い出ボロボロ]


みなさんは保育園派ですか、それとも幼稚園派ですか?
別にどっちでも良いんですが、つい最近知ったんですよ・・・・
普通はどっちかにしか行かないって(爆)

いや、私の住んでた地域では普通に「保育園」→「幼稚園」→「小学校」って進学してて
何故か校舎も道一本挟んで並んでました。
そんなわけで、保育園も幼稚園も行くもんだと思ってたんです。
それが息子を産んでから、義母さんに聞いたところ
どっちか片方しか行かないと言うからビックリ。

そんな話を子供が同じ保育園に通ってる、ママ友さんにしたらね。
「それ普通じゃないよ、あり得ない」とキッパリ言われてしまいました。

OH!普通は違うの?
ビックリして同郷(と言っても市は違う)にその話をしたら
その友達も両方通ってた口らしく、えらくビックリしてました。
県によって違うんかしら?


教材屋のありがたい?話 [思い出ボロボロ]

ちょっと毒を吐いてみる。
去年の夏のお話。
近所の保育園で未修園児対象の積木教室があったんで参加しました。

チラシには積木遊びって書いてあったから、弟君が生まれてストレスの溜った息子に
丁度良いかな〜♪なんて申し込んだんだけど・・・
それは遊びって言うより「がっちり課題をこなす教材」でした。
うわ〜・・・・こんな(積木)なの〜
と思ったのは私だけではなかったらしいけど(^_^;

その教材屋さんのお話。

「ウチは教材販売の他にお子さんを預かる事をしてるんですが、
そのお母さんから相談を受ける事があるんです。」

ふむふむ

「先生、ウチの子絵本に興味が無いようで
私が一生懸命読み聞かせても、全然聞いてくれないんですよ(泣)」

おお!?ウチの事だ!!
これは私も是非聞きたいわ!!

「お母さん、お子さんおいくつですか?」
「2年生です」
「・・・・・・お母さん、それ2歳児のレベルですよ」
チャンチャン

はぁ!?なにそれ?笑い話なの?
教室に微妙な空気が流れたよ。
そのお母さんは藁にも縋る気持ちで聞いただろうに・・・・
その対応って一体・・・orz

肝心の積木教室も出来る事大前提な進め方で
正直かなり微妙。
自分の指示通り出来ない子を「意固地」呼ばわりしたそうで
そのお母さん相当怒ってました(当たり前)

この教材屋だけじゃないけどさ。
教材屋さんって「ウチの教材で子供が伸びないのは、子供の所為じゃないんです。
伸ばしてやれないお母さん(の関わり方)が悪いんです。」
って言うのよね。
所詮教材屋、売れたらそれで良いんでしょう。
でも出来ない子を馬鹿にする発言は止めて頂きたい。


2番組の大関 [思い出ボロボロ]


年頃の娘から見て親ってのはやっかいなもんで
娘にまったく男っ気がないと「誰か良い人いないの?」とかせっつくくせに。
いざ彼氏が出来ると「何処のどう言うやつなんだ?」とか
「ウチの門限は6時だ!!」とか急に態度が厳しくなるんですよ。
そのくせして周りが片付き始めると「いつまで家にいるつもりだ!!」なんて
言うもんらしい(-_-;(会社の先輩談)

私が結婚したのは26歳なんだけどね。
25歳の頃の話。
その頃旦那と付き合っていて、そろそろ結婚の話が出ようとしてる時だったんだ。
父が町内の寄り合い(飲み会)から暗い顔して帰って来た。
そして一言
「お前2番組の大関らしいぞ」

はぁ!?
聞けば酒の席で「町内の行き遅れ番付」なるものが話題に上がり
私は2番組(2丁目みたいなもん)の大関と言われたらしい。
ちなみに横綱はYちゃん(30歳)推定理由・・・気が強いから
大関あんぱんち(25歳)推定理由・・・異性と縁遠そうだから
関脇Sちゃん(23歳)推定理由・・・まだ若いから
しかもこの番付(横綱と大関)は当分変わらないであろう、とまで言われたらしい。
酔っぱらいの戯言とは言え、滅茶苦茶失礼ですな(-_-;
実際には横綱も大関も翌年には嫁に行っちゃうんだけどさ(笑)
そう言われた事が父は相当ショックだったらしくて、
予想外に私の結婚話はトントンと進みました。
迷惑な話だけど、アレがなかったら今頃不動の大横綱だったかも
危ない危ない(^_^;


B型の旦那 [思い出ボロボロ]


この映画のCMにビックリ!(笑)
韓国でもB型ってこういうイメージなの?
私の友人仲間では、B型が一番控えめと言うか、協調性ある感じがするけどな〜
と言うかAとAB(私)がゴーイングマイウェーすぎるのか?

あ、別にお好み焼きが嫌いなわけじゃないんです。
その日はたまたまあんまりお腹空いてなくて・・・
しかも電車に少し酔っていたのでさっぱりした物が食べたかったの。
「何が食べたい?」と旦那に聞かれ
「お好み焼き以外」と答えたら
旦那の「お好み焼き」スイッチが作動した模様。
結局何を言っても聞き入れてもらえず、お好み焼き屋に連れて行かれました(泣)
こってりボリューミーなお好み焼き屋さんにね。
死ぬかと思った。


芸術って・・・ [思い出ボロボロ]

「ぽちぽち」のみほよさんの所でずっと気になってた記事があったので、思い切ってトラックバックしてみました(*^^*)

私が小学生だった頃、洋上教室ってやつに参加したときのお話。
九州の某遊園地で写生大会があったんですよ。
絵を描き終ったら遊園地で遊んでも良いって事になってました。
男の子は適当に描き殴って、さっさと遊びに行ってたんですが
女の子はほとんど遊ばず、ずっと絵を描いてる子が多かった気がします。
そして集合時間になり、写生大会の最優秀賞が発表されました。

夕方でもないのに海がピンクです(汗)
ものすごい適当に持ってるクレヨン全部をぐりぐりと塗りつぶした様な絵でした。
子供って正直だからさ、あちこちから「変な絵〜!」とか
笑い声が上がったんですが、
主催者はその絵を「物は一つの色で出来ているのではない。
一見青く見える海も、陽の光や周りの景色が映ったりして様々な色が隠れている。
この絵はそれを上手く捉えている」と大絶賛したのです。

その優秀賞描いた子と同じグループの弟の話によれば。
「早く遊びに行きたかったのと、青い色があんまり無くてピンクで適当に塗った」
らしい・・・・う〜ん、芸術って一体(汗)

それから月日が流れ、中学の時の話。
中間だか期末だか忘れたけど、美術のテストがあったんです。
でもまあ、義務教育の美術ごときに1時間も取れるわけなく
家庭と合わせて1時間のテストでした。
要領の悪い私は家庭科に手間取ってしまい、気がついた時には10分しか残ってませんでした。
ちなみにテーマは「秋」
10分で何描けるんだ?秋って何?
しかし悩んでる暇がない、そこで思い出したのが上の「ピンクの海」のお話。
取り合えず10分で描けそうな「秋」が柿しか思い浮かばなかったので、
○を2つ描き、持ってる色鉛筆全部ぐりぐり塗りたくってやりました。

結果・・・80点
考える時間がもっとあったら絶対この点は取れてなかった。
間違いない!

芸術ってこんなもんらしいです。


お茶汲み論 [思い出ボロボロ]

最近のネタがまとまらないので、過去の話。
お茶出し」って女性の仕事であることが多い。
仕事って訳ではないんだけど、女性がお茶だしするのは当たり前みたいな。
朝、職場の皆様に振る舞って、
来客があれば、そのつど出す。
夕方、やっぱり皆様に出す。
別に「私はお茶出すために入社したんじゃないわよ」とか言う気はないんだけど、
忙しくて手が離せないときは「自分でやれよ!」と思わずにはいられない。
まあ、銀行って男社会だししょうがないよね(-_-;

そんな時すごい支店長がやって来た。
その日はとても忙しくて、とても夕方お茶だしなんてしてる余裕なかったの。
一生懸命ソロバン弾いてると
コト・・・
ん!?誰かお茶入れてくれてる!?
振り向くとそこに支店長

ええ〜!?支店長がこんなペーペーにコーヒー入れてくれてるよ!
支店長曰く「みんな忙しそうだし、自分が飲みたかったついで」だって。
ありえない。
私が出会った普通?の支店長の場合、社員がどんなに忙しくても
お茶の催促して、仕事が遅いと文句言いまくりです。

その他にもこの支店長のすごい所は、
来客時店頭が混んでいると お客様に自分でコーヒー入れてる。
店頭混んでたら、自ら窓口でお客様の対応してくれる。
男とか女とか以前に、周りにとても気を配ってくれるのです。

そこまでされるとね、こっちも「支店長がここまでやってるんだから、
私もがんばらないと!」って気になるじゃないですか。
また、ちょっと遅れてお茶だししたら、支店長が出した後でした(爆)
なんてことになると(結構ある)
「支店長に出されるまえに、こっちでなんとかしないと!」って気持ちも(笑)

やってる事は以前と全然違わないんですけど、気持ち的に全然違う。
こういう事って大事だな〜って思いました。

・・・・まあこんな良い上司にそうそう出会えませんけど。
貴重な体験したな〜私(笑)


前の10件 | - 思い出ボロボロ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。